[ゆきよし真水]隣のJKに脅されて入り浸れてます(泣 ~第1話のあらすじと感想

隣のJKに脅されて入り浸れてます(泣 

 

第1話 隣のJK

 

のあらすじと感想を紹介します。

 

ゆきよし真水先生の作品です。

 




会員登録しなくても無料試し読みができます
無料試し読みはココをクリック

隣のJKに脅されて入り浸れてます(泣 第1話のあらすじ

隣にすむ住人の母子喧嘩のせいで、不眠の主人公は病院に通院し、眠剤をもらっていた。

 

その腹いせに、隣の住人サヤカのスカートの中をのぞき見していた主人公。

 

でもある日、あっさりとサヤカに見つかってしまう。

 

何とか警察には通報されなくて済んだが、その日からおこずかいをせびられる毎日が始まる。

 

そのうちサヤカは主人公の家に上がり一緒にゲームをするような仲に…

 

主人公はとんでもないことを思いつく。

 

自分のもらっている眠剤をサヤカの飲み物にこっそり入れる主人公。

 

時間が経ち…サヤカは眠ってしまう。

 

主人公はサヤカにキスをする。

 

主人公のチ〇ポはムクムクと大きくなっていた。

 

サヤカの口に、そーっとチ〇ポを入れてみる主人公。

 

サヤカの口でイッてしまっても起きないサヤカ。

隣のJKに脅されて入り浸れてます(泣 第1話の感想

スカートの中をのぞいていたことがバレておこずかいをせびられるようになった主人公。

 

毎日おこずかいをせびられるのはかわいそうですね。

 

でも、そのせいでサヤカは毎日アパートに来るようになりました。

 

これってチャンスですよね…

 

案の定、サヤカは深夜までゲームをするようになりました。

 

 

隣りにミニスカートの女子が深夜までいるとなると、やっぱりおじさんはムラムラきてしまいますよね。

 

ここで魔が差さないハズはないと思いました。

 

しかもおじさんは彼女とかいなさそうな雰囲気です。

 

若い子とセ〇クスしたいに決まってますよね。

 

おじさんのサヤカを見る表情がエロくてキモくて、しびれます。

 

最初はおこずかいをせびられてかわいそうなおじさんでしたが…逆でした。

 

サヤカにいたずらを出来るチャンスがやってきたんですから。

 

さて、サヤカはこのおじさんに眠っている間に犯されてしまうのでしょうか?

 

第2話はこちら⇩

中年のオヤジにスカートをのぞかれる女子高生
[ゆきよし真水]隣のJKに脅されて入り浸れてます(泣 ~第2話のあらすじと感想

エロ漫画を見るなら「book liveコミック」

エッチな漫画を見るときはbook liveコミックがオススメです。

 

bookliveコミックがオススメな7つの理由を紹介します。

 

1.スマホ、パソコンでいつでも好きな場所で読める

2.手元に紙の本がないので、エロ漫画を読んでいることが周りにバレない

3.請求書から読んだ本がバレない

4.読みたい漫画の1話単位で気軽に購入できる(1話約87円)

5.購入する前に無料試し読みができる

6.クレジット払いの場合、初月は無料

7.定額プランで足りなくなったら、途中からポイント追加ができる

 

電子コミックならエロい漫画を書店に買いに行く手間もいりません。

 

自分で書店に買いにいくのは恥ずかしい時もありますよね。

 

でも電子コミックなら書店に行かなくても買えるので、恥ずかしい思いをしなくても手軽に買えます。

 

スマホがあれば、好きな時間に好きな場所で、漫画を見ることができます。

 

紙の漫画とは違うので、エロ漫画を読んでいることが周りにバレません。

 

もちろん請求書から漫画のタイトルを知られることはありませんので、家族がいる人でも安心です。

 

エロい漫画を読んでいることも知られなくて済みます。

 

誰にも気づかれずに一人でひそかにエロ漫画で至福の時を楽しめます。

 

濃厚なエロの世界に浸り、たっぷりと楽しんでください。

 

月額コースの金額は以下の通りです。

■324円

 

■540円

 

■1080円

 

■2160円

 

■3240円

 

■5400円

 

■10800円

 

■21600円

324円~21600円まで、たくさんの定額プランがあります。

 

料金プランは途中から変更できます。

 

電子コミックをちょっと試してみたい人は324円から楽しむことができます。

 

思う存分、たっぷり楽しみたい人にもたっぷり読めるコースがたくさんあります。

 

自分の予算に合わせて好きなコースから選げます。

 

私は2000円のコースにしていますが、もっと読みたい時はポイントを追加して読んでいます。