[ヨールキ・パールキ] S家に嫁いだM嬢の日常[4話]挿入なしの処女絶頂

乗馬しながら絶頂を迎える女

S家に嫁いだM嬢の日常

 

第4話 旦那様との初セックスは素晴らしいものでした

 

の内容と感想を紹介します。

 

ヨールキ・パールキ先生の作品です。

 




会員登録しなくても無料試し読みができます

無料試し読みはココをクリック

 

第3話はこちら⇩

乗馬しながら絶頂を迎える女
[ヨールキ・パールキ] S家に嫁いだM嬢の日常[3話]セックスギャラリーのメリー

S家に嫁いだM嬢の日常第4話のあらすじ

マスターの部屋で、裸にされて縄で縛られ宙づりにされたメリー。

 

縄が股に食い込むとおま〇こからは蜜が溢れてきていた。

 

自由にならない身体…

 

おま〇こに食い込む縄…

 

自分の快感を他人から見られることの快感…

 

今まで感じたことのない快感を感じるメリーだった。

 

自然に声を漏らしてしまう。

 

今日まで先輩の訓練を見てきて、先輩が漏らす声と同じ艶やかな声だった。

 

メリーは処女。

 

挿入をしなくても縄の食い込みで達していた。

 

 

そして、メリーは展示されることになった。

 

裸同然の姿を縄で縛られて、観客の前で宙づりにされる。

 

メリーは自然に敏感な部分に縄が食い込むように腰を動かしている。

 

おま〇こから蜜があふれ、滴り落ちる。

 

そしてビクンビクンと痙攣して絶頂を迎える。

 

そんなメリーの姿を観客が見ている。

 

中にはメリーの姿を見ながら、自分のモノを扱く者もいた。

 

メリーは何年間も処女のままで縄の食い込みだけで絶頂を迎えていた。

 

ある日、移動ギャラリーに訪れた一人の男性がいた。

 

その男性とは…

 



無料試し読みはココをクリック

S家に嫁いだM嬢の日常第4話の感想

縄で縛られて吊るされるメリーの姿が痛々しいです。

 

縄がおま〇こに食い込んでいて、痛そうにみえますが、メリーは快感を覚えます。

 

痛みと快感とは紙一重なのかもしれませんね。

 

メリーは、

 

自分が自由に動けないこと、

 

おま〇こに食い込む縄、

 

マスターに見られている快感

 

でイッてしまいます。

 

普通のセ〇クスとは違いますね。

 

挿入しなくても絶頂を迎えるメリーに興奮しました。

 

ちょっと経験がないのですが、見られていることは感じる要因なのかもしれませんね。

 

誰かに見られてセ〇クスしてみたい…なんて危ないことを思っちゃいました♪

 

メリーは挿入なしでも絶頂を迎えていましたが、何年も貞操を守ったままでした。

 

縄だけでも絶頂を迎えるメリーは旦那様との初セ〇クスではものすごく感じていました。

 

初めての挿入ですが、挿入の痛みはきっとなくてもう中は挿入を待っていて、熟していたんでしょうね。

 

きっと初夜のセ〇クスは最高だったでしょうね♪

 

 

この漫画は絵がきれいで見ていて絵にも惹きつけられます。

 

メリーの身体の熟している感じもよく伝わってきます。

 

ストーリも面白いのですが、絵でも楽しめます。

 

メリーの身体やイク表情がたまりません。

 

メリーはS家にぴったりのおま〇こを持つ女性だったのですね。

 

いい家に嫁いでこれてよかったと思います。

 

これからのS家での身体の開発が楽しみです。

 




会員登録しなくても無料試し読みができます

無料試し読みはココをクリック

 

第5話はこちら⇩

乗馬しながら絶頂を迎える女
[ヨールキ・パールキ] S家に嫁いだM嬢の日常[5話]アナルへの挿入も大好物なの♡