[悲報]会社の行き遅れBBA孕ませた[1話]巨乳ならババアでも抱きたい?!

巨乳の女性

待ちに待ったチンジャオ娘の新作

 

[悲報]会社の行き遅れBBA孕ませた

 

10月30日にブックライブコミックから先行発売されました。

 

今回はすぺしゃるしーとのコラボです。

 

FANZAなどの電子書籍での発売は数ヶ月後になります。

 

この話題作を今すぐ読みたいならブックライブコミックしかありません。

 

第1話「行き遅れ女上司にお持ち帰り!?された夜」のあらすじを紹介します。

 

ハル

管理人は発売日に購入して読みました。

今回の作品もたまらないエロい作品でしたよ♪

 

会員登録しなくても無料試し読みできますよ♪



無料試し読みはココから

 

会社の行き遅れババアとのセックスにハマってしまった部下の田中。

 

ババアだけど巨乳

 

ババアだけど美人

 

ババアだけどセックスでは自分に従順

 

ババアだけどまさかの処女

 

しかもそのおまんこは名器

 

生挿入も中出しもレイプだってさせてくれる

 

ババアとは、彼女と仲直りするまでのただのセフレ。

 

でもあまりにも気持ちがいいおまんこに、

 

孕ませてしまっては人生が台無し!!

 

そう思っても中出しがやめられない男、田中。

 

ハル

彼の運命はどうなるのでしょう…(-_-;)



無料試し読みはココから

[悲報]会社の行き遅れBBA孕ませた 登場人物

★田中★

 

・24才(独身)

 

・沢村の部下

 

・ブ男

 

・彼女はいる

 

・精力あり過ぎ



★沢村秋子★

 

・34才(独身)

 

・会社では主任

 

・仕事に厳しい

 

・巨乳に桃尻

 

・美人

 

田中と沢村は上司と部下の関係。

 

田中はいつも沢村から怒られてばかり。

 

沢村は男子社員からは「行き遅れババア」と呼ばれていた。



無料試し読みはココから

[悲報]会社の行き遅れBBA孕ませた 1話あらすじ

ある日、たまたま田中と沢村は2人きりで飲むことになる。

 

田中は沢村のことが苦手だったが2人きりで飲むと話が弾み、沢村の女性らしい一面も目にする。

 

沢村の大きすぎる胸をついつい見てしまう田中。

 

何軒かはしごしてすっかり出来上がってしまった田中。

 

飲み物をこぼして沢村の胸元が濡れてしまう。

 

服が透けて見えてブラジャーが見えると、生唾をゴクンと飲み込む田中。

 

沢村のおっぱいに一気にエロい気分になる田中。

 

酔った田中を心配して沢村が、

 

「うちで休んでいく?」

 

と声をかける。

 

部屋に入るとその瞬間に田中は狼に豹変。

 

沢村を押し倒しキスをする。



無料試し読みはココから

[悲報]会社の行き遅れBBA孕ませた 1話見どころ

管理人のおすすめする見どころシーンは、

 

沢村が押し倒されてキスをされるところです。

 

突然押し倒されてキスをされて、

 

「ひゃにゃきゃくん(田中君)…♡」

 

とつぶやく沢村は驚きで目を大きく見開いています。

 

「ダメよ…」

 

そう言いながらも舌と唾液を絡めあうキスをするシーン…最高です。

 

ハル

唾液がネバーっと絡まり合うまるで恋人同士のような濃厚なキスシーンですよ♡



無料試し読みはココから

[悲報]会社の行き遅れBBA孕ませた 1話感想

沢村は行き遅れババアと呼ばれていますが、34才。

 

34才で行き遅れなんだ…

 

アラサー独身の私は超複雑な気分((+_+))

 

でもこの沢村はババアと呼ばれていますが美人ですし、巨乳でおしりもプリプリ…

 

なかなかsexyな体をしていますね。

 

パンツのスーツ姿は格好いいです♪

 

スーツがピチピチすぎて、体のラインが強調されて色気も感じます。

 

私が沢村にエロさを感じたのは、

 

大きすぎるおっぱい

 

ムチムチした太もも

 

ふっくら膨らんだおまんこ

 

これらはスーツの上からでも充分にわかります。

 

個人的にはふっくらおまんこがエッチだなあ~と思いました。

 

酔った田中を休ませるために沢村は部屋に田中を連れていきます。

 

そして押し倒されてキスをされて…

 

抵抗はしていますが、舌を絡めあうキスで力が抜けていく様子がわかります。

 

これまで彼氏もしばらくいなかったのでしょうから、押し倒されてキスなんかされちゃったら…

 

もうキュンキュンしちゃってますね♡

 

部屋に入れたということはそれを期待していたのではないかと私は読んでいます。

 

さて、このままセックスへ突入してしまうのか…気になります。


無料試し読みはココから